計算すると債務整理
計算すると債務整理
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化における審査や手数料などについて

クレジットカード現金化における審査や手数料などについて

カードローンの審査に通るためには勤務先や家族構成に関する情報や収入証明書などが必要で、融資に時間がかかることがあります。

一方、ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化では審査がなく、ショッピング枠が使えるカードさえあれば即日で現金を手に入れることも可能です。

多くのクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があって、現金を借りる場合にはキャッシング機能を使うことになります。

一方、ショッピング枠を現金化することは借金ではないので一括払いなどでカード会社に商品の代金を支払えば利子がかかりません。

業者に依頼する場合には長所と短所がありますが、念入りな情報収集を行うことで優良な業者を選ぶことができます。

また、業者に申込みをしてもお金が必要なくなった場合は、例外を除いて取引をキャンセルすることが可能です。

業者に依頼する場合は手数料が別途かかるので、最終的な換金率は70~80%程度になります。

また、ショッピング枠で商品を購入して自分で買取店などで売って現金を得る方法もあります。

最新の人気商品などは定価の80%以上の金額で買い取ってもらえる場合もありますが、いずれの方法でも購入した商品の代金に比べて得られる現金の方が少なくなることがほとんどです。

したがってクレジットカード現金化は、便利ですが最終的には損をするということになります。

例えば業者で最終的な換金率が80%の商品を購入した場合には、それを業者に買い取ってもらうことで40万円の収入を得ることができます。

一方で、後日カード会社に50万円支払う必要があるので、この場合は借金が10万円増えることになります。

ご利用は計画的に(笑):評判の高いビックギフト